ビール醸造所からの便り

想い出のビール

2009.12.31 オホーツクビール株式会社

ビール好き(であろう)皆さんにとって「想い出のビール」はありますか?ビールの味だけではなく、その時の出来事やシチュエーションも含めてひとつの「想い出」となっているのではないでしょうか。

私にとって「想い出のビール」は、子供の頃父親が飲んでいた黒ビールです。普段は外へ飲みにも出ず、4人家族がそろった食卓を大事にしていた父親が、ごくたまに私を連れて札幌大通のビアホールで黒ビールを1杯だけ口にするのです。当時は市場に出回っている黄金色のビールを毎日大瓶で1本だけ飲んでいた父親が噛み締める様に‥‥もの凄く特別なビールなのだと子供心に思えたものでした。更に大人になり、その1杯が「自分へのご褒美」だったのではないかと理解できるようになりました。そんな父親の息子である私は、仕事柄なのか浴びるほどの褒美を自身に与えてばかりですが‥‥。

ビール醸造技術者である私にとっては「美味しいビール」を造る事が大前提です。しかしその一方で、たくさんのメーカー及び銘柄のビールがある中から、自分の造ったビールがごく少数の方だけにでも「想い出のビール」として取り上げていただけたら、何と素晴らしい事なのだろう!‥‥なんて事をビール造りの合間に考えております。
直営店のオホーツク・ビア・ファクトリー(94年3月オープン)では、常時4銘柄以上のオホーツクビールはもちろん、地域の旬の産物を食材としたメニューも用意いたしております。期間限定の試作ビールの醸造も計画中ですので、皆様のご来店をお待ちいたしております。また、地方でのご試飲やご贈答用にびんビールの地方発送も随時承っておりますので、こちらもぜひ一度ご利用願います。

カテゴリー ビール醸造所からの便り


「地ビール」でTwitter検索